まろ君とグーグー

ペルシャmix猫まろ君と暮らすお母さんの日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 世界遺産 石見銀山を歩く。(その2) | main | 世界遺産 石見銀山を歩く。(その4) >>
# 世界遺産 石見銀山を歩く。(その3)
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 

  
どうもトラブル続きの当ブログ。 

問題は、JUGEMさん側にあるようで、

緊急メンテナンスが行われます。
 
 
【実施日時】
 
2010年10月9日(土)AM3:00〜AM5:00


この時間帯は、ブログの表示ができませんので、

ご了承くださいませ〜。 m(_ _)m
 
 
 
  
 
 
さて、今日も石見銀山をめぐる旅のお話です。


 
目的地の龍源寺間歩まで、あと少し…

というところで見かけたネコさん。

首のあたりをケガしていて、カラーだとちょっと痛々しいので、

モノクロにいたしました。



1匹だけなのかな…と思ってたのですが、

帰り道にもう一度同じところを通ると、


わんさかいました。 
 
 
  
右から2匹目が、最初の写真のネコさんです。

昼寝をしているだけならいいのですが、

傷は大丈夫なのかな…とちょっと心配です。


 

そのネコだまりの中から、まだ若ネコと思われるクロさんが1匹。




道行く観光客のそばにやってきて、スリスリ、なでなで〜。




 おにゃかすいた〜。




 ねぇ、にゃんか持ってにゃい〜?
  
   
  
あいにく誰もごはんの持ち合わせはないようでして…。




 バカねぇ。その辺の人に愛想良くしても、何も出ないわよ〜。



この子は、ネコだまりから、ちょっと離れたところに1匹だけでいました。

(10月3日の記事にも登場。)




ごめんね、クロさん…。


      ・

      ・

      ・


さてさて。

やっとこさたどり着いた、龍源寺間歩です。

人が立っているあたりに、入り口があります。

入場料大人1人400円也〜。




さぁ、いよいよ中へ。




光量不足で、完全にブレブレ写真。(下手くそですみません。)



背の高い人は、頭をぶつけるかもしれませんが、

身長155cmの私なら、余裕ですね〜。

この坑道は、江戸時代に掘られたものだとか。

ノミの跡が当時のままの状態で全体に残っているんだそうです。



中は、すごくヒンヤリしていて、快適でした。

温度計を見たら、15℃くらい。

まるで鍾乳洞ですね。

実際、天井からは水分が滲み出して

鍾乳石の赤ちゃんのようなものができかけており、

落ちた滴も地面に結晶を作っていました。

何万年後かには、ここら一帯は立派な鍾乳洞になってるかも???

(地質学的な知識は、全然ありませんので、

かなりいい加減なことを言っております。 )
 
 
 

坑道の左右には、鉱脈にそって掘り進んだ横穴が数多くあり、

ライトで明るく照らされています。



「ねぇ、あそこ、銀色に光ってるんじゃけど…。」

とダンナ様。

光の関係で、壁面が銀色に見えるだけなんですが…?

掘り尽くされている坑道に、銀があるわけないじゃん。

欲に目がくらむ人間には、あらぬ妄想をかき立てる場所のようです。
 
 
 

ほとんどまっすぐに掘り進められた坑道は、途中でふさがれており、

ここで行き止まり。


  
左折して、昭和63年に完成した新坑道へ。

広くて明るい上り坂。出口までこの道が続きます。
 

 

龍源寺間歩以外にも、数多くの坑道の跡があちこちに残っていますが、

立ち入り禁止となっております。

公開されているのは、龍源寺間歩と、もう一カ所だけ。

(大久保間歩=石見銀山最大の坑道跡。限定公開です。)

この辺は、熊やイノシシも出るそうなので、

1人でフラフラ山の中に入ってはダメですぞ〜。



石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて栄えた

日本最大の銀山。

当時、世界の銀の3割を産出し、

最盛期には20万人もの人が住んでいたとか。



山あいに静かに佇む町並みからは、

往時の繁栄を偲ぶのはちょっと難しいけれど、

きっといろんなドラマがあった場所なんでしょうね…。


 
次回、もうちょっとだけ(?)続く…。 
  
  
  
  
 
                                          





 
今日の
一昨日のまろ君。

ミステリーサークルの続きです。

 

まろ君、すごい猫背ですねぇ。

タオル地がイヤなのかな…と思って、

フリース素材の膝掛けでサークルを作ってみました。




まろ君が入るには、やっぱりちょっと小さかったか。 

どうも、彼の心をとらえるには、今ひとつ魅力が足りなかったようですねぇ。


 
それよりも、ぷちボンボンで遊べとの催促が…。

立っちはするけど、ジャンプはしません。

体が相当重くなってるような…。




後は、ひたすら寝技に持ち込み…


 

こ〜んな顔やら、
 
 
 

あ〜んな顔やら。


これじゃあ、ちっとも痩せないですね…。





  
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


                   
| comments(7) | trackbacks(0) | 23:53 | category: おでかけ |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:53 | category: - |
コメント
今日は写真全部見れましたー
やったー☆彡

猫さん、わんさか居ますね
野良猫さんはやっぱケガとか絶えないのかな....

まろ君、寝技でも表情は豊かですねw
もう少し動き回った方が体重は維持か減ってくれるんですがねww

ランキングぽち×
| mammy | 2010/10/09 12:54 AM |

坑道内は ひにんやりして 涼しいですよね〜
今は もう寒いくらいかも〜〜冬より夏が 見に行くなら良いところなのかな(^^)
野良にゃん いっぱいですね〜怪我痛々しいな〜〜
どうしても 外で暮らしてると ああなちゃいますね。

まろ君・・・寝転がりすぎ!!(笑)
走らずに寝て遊ぶ〜〜すでにエコニャンコとなっていますね(^^*)
| 花あじさい | 2010/10/09 7:27 AM |

石見銀山、当時はすごい賑わいだったのでしょうね。
ノラちゃん、ちょっと可哀想でしたね。
元気に暮らして欲しいです。。

まろ君は幸せいっぱいで微笑ましいです♪
エコ運動でも、しないよりはいいよ(笑)
立っちの横顔が、すっごくイケニャンです(^o^)
| のん福レオのお母さん | 2010/10/09 9:56 AM |

ノラさんたち、みんなか細くてちょっと痛々しいですね。
涼しくなって、いくらか楽に暮らせているといいけど...。
石見銀山、いろいろ勉強になりそうですね☆

まろ君の寝技、ウチの大猫と同じです ^ ^;
食いついてはくるけど、ジャンプまではいかない... - -;
離れておもちゃを振っても、ジーーーっと見てるだけ... - -;
お願いだから、動いてよ〜〜〜 ToT ダイエットへの道は険しそうです ^ ^;
| Q+ | 2010/10/09 1:59 PM |

自宅の庭に来るコたちは癖になるといけないので
ご飯をあげることは決してしないのですが
こういう「外」で、予め猫がいると分かっているところだと
フードを持っていくことがあります。
まぁ、こういう旅行の時はさすがに持ってないけど。。。

ニャンコたち、たくましく生き抜いておくれ。


寝技でもなんでも遊びに夢中になってくれれば・・・(^^ゞ
しまは飽きっぽくて困ります〜〜〜
(かと思うと、勝手にひとりで暴れまくってフスマをボロボロに
 してくれるので運動は足りてるようですが★)
| しまねこ | 2010/10/09 4:33 PM |

野良猫ちゃんが沢山いますね〜
まったりとしている様子は絵になるけど
怪我は可哀想ですね・・・(;_;)
たくましく生きて欲しいです!

坑道内の様子をみて私も鍾乳洞と似てるな〜と思いました
興味深いけど、暗いから一人で入るのはちょっとコワイ私です^^;

ぷちボンボンをサークルの中に入れたら
まろ君、入ってくれるかな?(笑)
| ヴィオラ | 2010/10/09 8:19 PM |

★mammyさん

ブログの調子が悪くて、御迷惑をおかけしました〜。(^^;)

この子達には、お世話をしてくれる人間がいるのかもしれませんが、
多分、外で生活しているのでしょうね。
ここは冬の寒さが厳しい場所なので、
これからの季節をどうやって乗り越えていくのか、
ちょっと気がかりです。

ちっちゃい頃は、跳んだり跳ねたり、
かなり身軽だったんですけどね。
一体誰がこんなおデブネコに育ててしまったのやら…。(-_-)


★花あじさいさん

坑道の中、冬は逆に暖かいのかな…と思っておりました。(^^;)
年中一定の気温なら、きっと暖かく感じるでしょうけど、
本当のところは、どうなんでしょうね…???

ケガをしているネコさんを見ると、ほんと、かわいそうで…。
でも、どうしてあげることもできないのが、また、つらい。
こうやって寄り添ってくれている仲間がたくさんいるのが、
せめてもの救いですね。

あはは、エコにゃんこ〜。
食べる量を減らしてくれたら、ホントのエコにゃんこ〜。


★のん福レオのお母さんさん

こんな小さな町に20万人…。
ちょっと想像できない世界です。
途中、いっしょに歩きながらいろいろ話をしてくださった
地元のガイドさんによれば、
今はうっそうと緑に覆われている山の中にも、
すごくたくさんのお寺などがあったんだとか。
それが、昭和18年の大水害で全部消滅してしまったんだそうです。
いろいろとじっくり話を聞いたり調べたりすれば、
歴史に埋もれたいろんな過去が見えてくるかも…。

そうそう。こんな運動でもしないよりはマシですよね。
毎日ちょっとずつでも続けていかねば。(^^;)


★Q+さん

出かけた先で、思いがけずネコさんに出会うのは本当に楽しいのですが、
ケガをしていたり、お腹をすかせたりしている子を見ると、
なんとも切ないですよね…。
寒さの厳しい場所だけに、これからの季節、
どうか元気で…と願わずにはいられません。

あはは、大猫さんと同じですか〜。(^^;)
食欲の秋と、運動の秋。
さぁ、ごはんが欲しけりゃ、しっかり遊べ〜!(^^)


★しまねこさん

そうですよね。私も、フードを持っていればなぁ…と思ったこと、
何度もあるのに、なかなか習慣にならなくて。
いつも、あ〜あ、ごめんね…と後悔ばかりです。
お世話をしてくれている人間もいるのかもしれませんが、
外で生きるネコさんは、いろんなことから
自分の身を守らなくてはいけないので、本当に大変…。
どうか、これからやってくる冬も無事に過ごせますように…。

しまちゃん、おとなしそうに見えて、結構暴れん坊さん…。(^^;)
でも、それだから、いつもスリムな体型を保ってるんですね。
納得…。


★ヴィオラさん

こんなにたくさんのネコさんがまとまっているのも珍しいですよね。
いいもの見たわ〜(^^)と思ったのですが、
やはりケガをしたにゃんこの存在は気がかりです。
仲間の存在が支えになるといいのですけどね。

うんうん。確かにここは、ひとりでは怖いかも〜。
ちょっとした探検気分が味わえますよ。

客用座布団とか新聞紙とかカバンとか。
乗ってほしくないところには堂々と乗るくせにね。
さぁ、どうぞ〜と出されたものには見向きもしないとは…。(-_-)
| まろん | 2010/10/11 12:07 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marokun-nyan.jugem.jp/trackback/717
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
クリックしてね!
広島ブログ おきてがみ にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ
ブログ村はランキング不参加
Links
猫の服・猫グッズ・猫雑貨〜Cat'sPad〜
誕生日
Search this site
Sponsored Links