まろ君とグーグー

ペルシャmix猫まろ君と暮らすお母さんの日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 真冬の大阪、トホホがいっぱい。(その◆
JUGEMテーマ:お出かけ

 
 
朝のひととき。

さぁて、新聞でも読むか〜と思ったら…
 
大きなお尻が紙面の上半分を占領。

見たいのは、そこなんですけど。




 早い者勝ちでし。            ↑ この写真じゃちょっと見えにくいけど、

                          新聞の上に寝ています。

   
 
                 

 と言うわけで、おやすみにゃん。

 

毎朝のように繰り返されるこの光景。

今回は、遠慮しながら、紙面の下半分だけを

こっそりめくらせていただきました。

(週刊誌の見出しと広告しか見えないじゃん…。)
 
  
   
   
   
   
さて、ここからは、前回の続き。

今回は、どんなトホホが待ってるのやら〜。

(またもや長い話…。適当にお付き合いくださいませ〜。)

 
 
 

 
その3 梅田界隈
 
 
 
せっかくの大阪1日フリーだったのですが、とにかく寒い!!!

こんな日は、どこか屋内でぬくぬくするに限ると思って

やってきたのが、こちら!

 
 
梅田芸術劇場〜!!

むふふふふ。

これ、一度は見てみたかったのよね。

でも、ただいま「贅沢禁止令」が出ている我が家の財政状況からすれば、

B席で我慢かな〜。



朝10時から当日券の販売ありとのことなので、

寒い中、15分ほど前から並んだのですが…。



「生憎ですが、本日の当日券は、S席のみでございます。」

あちゃ〜、そんなぁ〜。



S席って、12500円ですぞ!

娘と2人じゃ25000円!!!

ちょっとねぇ。

こりゃ無理だわ。



このミュージカル、かなりの人気なんでしょうね。

日曜の昼公演のB席狙いは甘かったか…。



ここ数年、他の演目(いずれもミュージカル)で3回ほど来たことあるけれど、

いずれも空席が結構あったので、

今回も大丈夫だろうと深く考えていなかった私がバカでした。

(前日の出発前にでも、残席情報をちゃんと見ておけばよかったな…。)



ま、仕方ないか〜。

絶対見たい、どうしても見たい、見なきゃ帰れない!

というほどの熱い思いもなかったので、潔くあきらめることに。

(中川晃教くんが主役をやってたら、ちょっと心残りだけどね…。)



ぽっかり空いてしまった時間。

映画を見るのも、ねぇ…。

でも、女2人、あちこちお店をのぞいて、

ごはんを食べて、ブラブラしているだけで、

それなりに時間は過ぎ去っていき…。



最後に娘と入った、とあるカフェ

フルーツ盛りだくさんの、豪勢なタルト!

お値段、いくらぐらいだと思います?

(ダンナ様に写真を見せたら、500円?と言ってましたけど。)


 

しつこく別の角度から…。



ななな何と!

1ピースが850円ですぞ!



これだけいろんな種類のフルーツがてんこ盛りだったら、

まぁ、それくらいの値段がするのは仕方ないんでしょうけど。

でも、別にそんな豪勢なのが食べたかったわけじゃなく、

ごく普通のものでよかったんですけどね…。



お店の前に出ていたメニュー紹介には、パスタしか載っておらず、

それはまぁ、常識的なお値段だったわけで。

じゃあ、ちょっとお茶でも…ということで入ってみたら、

もうビックリするほどお高いケーキ(タルト)ばかりでして。



安いものでも700円ぐらいだったかな。

高いのだと1000円近く?

コーヒーも、ブレンドが500円。

え〜ん、お店の外にも表示しておいてくださいよ〜。



結局、写真のタルト1つを娘と分け合って、(←しみったれています。)

ブレンドコーヒーを飲んで。

お会計2人で1850円也〜。



もちろん、とってもおいしかったのですが、

値段からすれば、パスタを食べた方が満足度は高かったかも?



店内はかなり広く、全体の照明は少し落とし気味で落ち着いた雰囲気。

お客さんは多いのですが、不思議と周りの人の話し声は気にならず。

おいしいケーキやおしゃべりをたっぷり楽しみたい人には、

人気のスポットなのかもしれませんね。

(私達がお店を出るときは、待ってる人がたくさん〜。

みんな、値段知ってるのかしら?)



1ホールの大きなタルトを、注文に添って次々と切り分けていく

女性スタッフの様子が、私の席からはよく見えたのですが、

その鮮やかな手つきは、見ごたえありました。

なかなかスタイリッシュなカフェ、

話のタネに、(お金があれば)一度は行ってみてもいいかもね〜。
 
 
 
 
 
 
その4 雪の帰り道



娘と別れてダンナ様と合流し、夜の中国道〜山陽道をひたすら広島方面へ。

さぁ、まろ君が首を長くして帰りを待ってるから、急がなきゃ〜。



ところが…。


 
強烈な寒気のせいで、兵庫県に入るあたりから、雪!!

おいおい、この車、ノーマルタイヤなんですけど…。

(もちろん、チェーンはばっちり携行してますけどね。)



積雪とはほとんど無縁の地域に住んでいるため、

冬用タイヤなど持たない我が家の車。

果たして無事に高速道路を走り抜けることができるのか…???



途中で立ち寄ったSAには、雪が1〜2cmぐらい積もってるところもあるし、

外気温は0℃〜−4℃の世界!

岡山の備前あたりまでは、

ずっと凍結防止剤を撒く作業がなされていたおかげで、

冬用タイヤ&チェーン規制が出ることもなく、

無事に走り続けることができたのですが、

その間、本当にもう、ヒヤヒヤし通しでした。

(雪の写真を撮る心の余裕もなく。)



岡山県内に入ると、雪はウソのようにどこにも見あたらず、

さすが岡山、晴れの国〜と感心したのも束の間、

(岡山県内の山陽道、かなり南側の平野部に近いところを通りますからね。)

広島県に入ると、またしても雪〜。



早めに高速を下りて、近道になる自動車道へと入った途端、

…何ということでございましょう!



路面が真っ白〜!!!!



ほとんど車の通らない、できて間もないこの道路、

当然ながら凍結防止剤も撒かれてないのよね…。

数劼砲よぶ道中、本当に恐かった〜。

後続車が1台(←途中で抜いていった。)、対向車無し…

というのがせめてもの救い。

(ガンガン車が通る道なら、道路が凍ることもなさそうですけどね。)

無事に走り抜いて、一般道に出たときには、肩凝っちゃってました。



これに懲りて、来年は冬用タイヤを新調しますかね?

しかし、これはこれで大きな出費。

1年にせいぜい1回ぐらいしかない出番のために買うべきかどうか…。

う〜ん、悩むなぁ。
   
      
               
       
                      
             
   広島ブログ    

             ボクは1年中同じ肉球だけど、

               ぼうぼうに伸びた毛で、スリップは日常茶飯事だにゃ。

               安全祈願のぽちをお願いにゃ〜。

                  
         
                   
| comments(9) | trackbacks(0) | 23:40 | category: おでかけ |
# 真冬の大阪、トホホがいっぱい。(その 
JUGEMテーマ:お出かけ



やっぱり…

何でもない、ただの箱が好きなようで。



ちゃんとセットアップされたヤマト号には見向きもせず、

新しい箱が出現するや否や、即座にダイビング!

 
 

箱に入っていた物の片付けに追われる人間(ダンナ様)を観察中。



でも、これだって、ずっと入ってるわけじゃないんですよね。

5分もしないうちに、もういいや〜って感じで出てきて、後は知らん顔。

好奇心が満たされれば、長居は無用…のようです。







さて、ここからは、1週間前に訪れた大阪編でございます。

興味の無い方はさら〜〜〜っと流してくださいね。

(ちょっと長いですよ。)



娘(大学生)が大阪にいる関係で、年に2〜3回ぐらいのペースで

関西圏をうろうろすることができた私ですが、

残念ながら、その生活もそろそろ終わりに近づいてきたようで…。

(娘、ちゃんと卒業できるんよね?)



この度の大阪行きは、

1週間ほど前に、いきなり「ついてこい〜。」という流れになったものだけど、

こうやって出かけるのも、これが多分最後かな…。

(お金があれば、もう1回ぐらい行きたいけどね。)



ダンナ様は、日曜日にまる一日かけて、肉体的にも精神的にも

ハードな仕事をこなさねばならなかったのですが、

私の方は、行き帰りの安全運転の見張り役さえこなせば、あとはフリー。



というわけで、この際だから、いろいろ心残りのないように楽しんでおこう!

と思って、娘も誘って有意義な時間を過ごすはずだったのに…。



う〜ん、なんだか…ねぇ。

いく先々で、トホホの連続。

まぁ、聞いてくださいよ〜。
 
 
     
 
 
   
その1 心斎橋



予定より少し早めに着いたので、

心斎橋で楽器を見たい〜とワガママを言い出すダンナ様。

まぁ、せっかくだし、楽しくない仕事の前に、

ちょっとぐらいワクワクすることもなきゃね…ということで、

とある駐車場に車を止めたところ、

土日は35分で700円!

うひ〜っとは思ったけど、全然土地勘もなく、ナビで検索するのも面倒、

ええ〜い、そんな長時間でもないし、いっか〜。



娘と合流して、ダンナ様も一応目的を果たし、

さて、ついでだから、ここでご飯を食べて行こうということになったのだけど、

これがいけなかった!



某鉄板焼きのお店。

ちょっと!!

注文してからこれだけのものが出てくるのに、

ど〜して40分もかかるの!!!???



夕食時でお客さんはそこそこやってくるけれど、

外に人を待たせるほどじゃないのに、

なぜか待てど暮らせど、注文したものがやって来ない〜。

店員さんが少ないせいなのか、要領が悪いのか。

ああ、目の前にある鉄板がうらめしい…。

(ええい、自分たちで焼くから、材料持ってこい〜!!!)




おまけに、やっと出てきたその○○焼きたるや、

大人の胃袋を満たすには、全く不十分なボリューム。

これで880円〜980円も取られるんじゃ、たまったもんじゃございません。

遅い、少ない、高い。

物足りない顔のダンナ様が、あまりにも不憫…。

私と娘が、少ない中からも2〜3口分ずつを恵んであげたおかげで、

その場は穏便に(?)すみましたけどね。



広島のお好み焼きで鍛えられた私達からすれば、

こんなの、あり得ませんわ〜。

こういう類の料理は、早くて安いのが身上。



…で、トホホな我々に、さらに追い打ちを掛けたのが駐車料金。

なんと、2時間06分で2800円也〜。

こんな繁華街に車を乗り入れた私達がバカだったのでしょうけど、

700円分は、絶対に損してる…。

はぁ〜〜〜、高い高いお好み焼きでござんした。

 
  
  
  
  
その2 スパワールド


 
今回は、余裕でレストルームに泊まることができて、

楽勝〜と思ったのですが…。



やっとうとうとしかけた12時過ぎ。

どこからか聞こえてくる赤ちゃんの泣き声…。

最初のうちは、小さく可愛い声だったのに、

誰もあやす人もなく、すぐに音量マックスの大泣きに!!!



おいおい、お母さん、赤ちゃんほっといて、お風呂ですか〜?

と思ってたら、「ちょっと! お子さん、泣いてはるよ!!!」

と、おばちゃんの声。

ええ〜〜〜! お母さん、そこにいるの!?



どうやら隣の席で、熟睡されてたようで…。

大半の人が目を覚まして「ブツブツ…」「ちっ!」とか言ってる中で、

どうしてそういう芸当ができるのか。(よっぽどお疲れ…?)

館内スタッフに促されて、やっとこさ赤ちゃんを連れて退室されたのですが、

う〜ん、びっくりでございました。

ま、赤ちゃん連れでももちろんOKの施設なんですけどね。

(赤ちゃんでも、ちゃんと入場料取られますよ〜。)

自分が乳幼児のお母さんだったら、ここで宿泊はちょっとあり得ませんね…。

(幼児の場合、広すぎて目が行き届かなくなる心配もあるしね。)



え〜、そんなこんなで、1日目の夜は更けていくのでありました。

(その後の赤ちゃんとお母さんの運命、気になるところですが、

どこかでちゃんと寝られたかしらね?)


 
ということで、大阪2日目の話は、次回。

(え? まだあるのか〜と思った人、いる? いないわよね?)


 
(おまけ) トホホのまろ君。

右のお髭がチリチリ。




卓上コンロのそばを歩いてたら、こうなるのよ!

にゃんこの皆さん、お鍋の季節は要注意!
   
      
               
       
                      
             
   広島ブログ    

             いつも話が長くてごめんにゃ〜。

               短い、面白い、ためににゃる!

               違ってても、ぽちっとにゃ〜。

           
                  
| comments(10) | trackbacks(0) | 23:55 | category: おでかけ |
# 夕景倉敷ちょこっと散歩。
JUGEMテーマ:ぶらり旅



三連休、終わっちゃいましたね〜。

皆様、いかがお過ごしでしたか?



私はいつでも連休中みたいなものですが、

やっぱりダンナ様(運転手)がいないと、なかなか行けないところもありまして。

その一つが、私の実家のお墓。

ひとりでも行けないことはないけれど、

各駅停車の電車を乗り継いで約2時間半、

(もちろん新幹線も部分的に使おうと思えば使えますが。)

そして最寄り駅から墓地までが徒歩で片道40分くらい?

公共の交通機関もないので、快適な季節以外は、

ちょっと足が遠のいてしまいます。

(もちろんタクシーという手段はありますけどね…。)

 
  
と言うわけで、連休二日目。

父親の命日も近いことだし、

ダンナ様もこの休み中はわりとヒマだったので、

ふたりでお墓のある故郷の町まで遠出をしてきました。



朝、出かける前にゆっくりし過ぎたので、お墓参りをすませると、もう3時過ぎ。

でも、このままトンボ帰りはつまらない〜。

冬休み中、どこにも行けなかったもんね〜。

 

で、高速道路でさらに先に行ったところにある倉敷まで

運転させる足を伸ばすことに。


 
10代の頃から、何度も足を運んだことのある倉敷美観地区ですが、

まだまだ知らない場所も多くって。

今回は、昨秋あたりから、機会があれば行ってみたいな〜

と思っていたお店を中心に、街歩きを楽しんできました。
 
 
 

こちらのお店は、30代の女性が店主の古本屋さん。

小さいけれど、雰囲気のあるお店です。

ネコちゃんもいるらしいのですが、寒いから出てないですよね…。
 
 
 

一般的な古本も扱っているけれど、

店主の趣味がかなり色濃く感じられる独特の品揃え。

時間があったら本棚を隅から隅までゆっくり眺めてみたい。

(こちらでは、街の情報誌を、バックナンバーも含めて3冊購入。

安いのに、すごくクォリティが高そうな雑誌。じっくり読ませてもらいます。)
 
 
 

こちらのお店は、紙製品をたくさん扱っており、

いろいろと使い途が広がっているオシャレなマスキングテープも、

かなりの種類がありました。


 
 
美観地区にほど近く、

阿智神社のある小高い鶴形山のふもとをぐるっと巡るように

伸びている1本の道路。

今回は、その通りを中心に歩いてみました。

昔ながらの落ち着いた町並みの中に、魅力的なお店が

あちこちに点在するステキなスポットです。

いつもは、美術館や博物館を中心に見て歩くのですが、

観光客がそんなに多くない静かな通りを散策してみるのも、

いろんな発見があって面白い。




お大師さんをお祀りしてあるお堂やらお地蔵さんやら。

こうした場所も、民家のすぐ近くにあり、

人々の生活の中に溶け込んでいるようです。




買い物したり、写真を撮ったりしているうちに、

早くも夕陽が辺りを染め始め…。

あ〜、急がなくっちゃ。
 
 


何のお店だったのかな?

ネコちゃんでなくても、動物を見かけたら、ついカメラを向けたくなります。




危うく気づかずに通り過ぎてしまうところだった…。

ここは、日本中の(いや、世界中か?)

あらゆるおいしいものが集められているお店です。

アルコール類に珍味、ハムやらチーズやら、調味料にドレッシング、

缶詰にジャム、お菓子にお茶…。

お店の構えはそんなに広くはないし、通路もすごく狭くて、

お客さんがお互いに進路を譲り合わないと先には進めないほどですが、

もうお店ごと買い取ってしまいたいほど誘惑がいっぱい。

我が地元のデパートにも、小さなコーナーが設けられていて、

一部の商品は購入できるけど、

本店のこちらは、もう数え切れないほどの商品がギッシリ!

はぁ〜、ため息が〜。
 
 
  
しかし、現在の我が家の家計は、悲しいことに火の車。

残念ですが、ほんの数点選んだだけで、またのお楽しみに…。




そうこうしているうちに、ダンナ様からは、

そろそろ車に帰ってこ〜いコールがかかるし、

日が落ちてどんどん寒くなるし…。




灯りがともった街の様子ももうちょっと楽しみたかったんだけどな…。




大好きなコーヒー店も、もう閉店ですか…。




こんなお店でゆっくり夕食を…

な〜んて贅沢もできず、まろ君の待ってる我が家までひとっ走り。

滞在時間わずか1時間40分ほどの、ちょこっと散歩でした。
 
 
 
 
 
 
                                          





 
mammyさんからのご質問にお答えして…。

ここちゃこさんからいただいた、コロコロまぐろ&かつお、

中身はこんな感じですよ〜。ウェットタイプではありません。

人間のおつまみにも、似たようなのありますよね?

(お味はネコさん仕様のようですけど、人間が食べてもおいしかったりしてね。)




まろ君は、がぶネコのくせに、

こういうのは軽くほぐしてあげないと食べられません。




一応、これ、おいしい顔のつもり…。
  
   
            
    
                   
          
   
広島ブログ   

             ♪おいしい顔ってどんにゃ顔〜?

               美食家でお母しゃん泣かせのボクにぽちっとにゃ〜。

              
                                          
| comments(7) | trackbacks(0) | 23:41 | category: おでかけ |
# はやぶさ君、大人気!
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 


11月もあと数日で終わり。

冬に向けてだんだんと寒くなってきましたが、

昨日の勤労感謝の日は、穏やかな晴天に恵まれ、

絶好のお散歩日和となりました。

その前日は、一日雨が降り続いたため、

歩道には一面の落ち葉が。




ギンナンも、たくさん落ちているのですが…。

大好物だけど、自分で加工するのは大変そうなので、

拾ったことはありません。




なんでもない近くの公園も、この季節はちょっと特別な感じ…。




市内の中心部を、川に添ってずっと南の方に下っていくと、

海に出ます。

要塞のように大きな姿を見せているのは、日本郵船の船のようです。



(この船、ここ数年、ず〜〜〜〜〜っと目にしてきたので、

完成までに一体何年かかるんだろ?

と思ってたら、密かに同じ型の船とチェンジしていたらしい。

狭い呉湾を、こんな大きな船が航行していく様を見てみたいものですが、

四国や江田島に向かう定期船とか自衛隊の船とか、

たくさんの船が行き交う場所なので、動くのは、深夜か早朝…かな?)



海を見ながら、そのままもうしばらく歩を進めると、
 
こちらの建物に到着〜。

おっと…。

すごい長蛇の列です。

ここにこ〜んなに人が並ぶのは、ものすごく珍しいと思われ…。
 
 
 
人々のお目当ては、こちら。

大和ミュージアムで特別公開。

「はやぶさ」の帰還カプセルです。


 

行列、建物の後ろまで続いておりました。

これは大変〜。(@@)


 
様々なアクシデントを乗り越えて、

7年ぶりに地球に帰還した「はやぶさ」。

大気圏に突入して燃え尽きていく様子は、何度見ても感動的でした。

しかも、カプセルから取り出された微粒子が、

小惑星イトカワのものと判明したというニュースが、

つい先日流れたばかり。

実物が来るとなれば、これは、やっぱり見たいですよね〜。



東京や大阪ではすでに公開済みなので、

見られた方もたくさんいらっしゃると思いますが、

まさか、こんな地方都市で見ることができるとはね。

中国地方では、ここだけの公開らしく、

県外ナンバーの車もかなり見かけました。

初日には約5000人もの人が訪れたそうです。



しかし、公開期間はわずか4日間…。

折しも行楽シーズンまっただ中。

祝日なんぞにのこのこ出かけていたんじゃ、大変なことになると思い、

実は、私、写真を撮った前日に、既に見に行っておりまして。(^^;)



平日公開日はたったの1日。しかも雨。

かなり狙い目なのですが、歩いて行くと20分以上かかるんだな…。

でも、大事業を為し終えて、

はるばる帰ってきた「はやぶさ」に敬意を表し、

ここは頑張って行かずばなるまい…。



夕方4時過ぎに到着したときは、

ちょうど列が切れたところだったので、スムーズに中に入れましたが、

それでも100人以上は待ちの状態。

チケット売り場でもしばらく並び、入室できるまで20分はかかったかな。



中は、撮影禁止なので、会場の様子はこちらで。



メインの展示物は、ガラスケースに入れられ、

ロープで仕切られて2mぐらい離れたところにあるため、

はっきり言って、よく見えない…。(-_-)

前面の外殻(ヒートシールド)はレプリカだったけど、

背面の外殻はホンモノが展示。

(どちらも、大きめの土鍋か中華鍋…と言った感じですけどね。)

背面ヒートシールドには、大気圏突入時の際の高熱によって

たくさん傷がついており、過酷な状況を物語っていました。

でも、そのままの形で残っているのがすごい!

電子機器部品やパラシュートも、きれいな状態でした。



これらすべてが、長い時間をかけて宇宙を旅してきたんだなあと思うと、

感慨深いものがありますよね。

さまざまなトラブルを解決して成功に導いた方々、本当にお疲れ様でした。

やっぱり理系の人々の底力は、すごいわ〜。


 

時と共に、どんどん列が長くなっていきます。

みんな、ちゃんと見られるといいな…。


 
前日は、雨のためカメラを置いてきた私。

この日は、展示見学はせずに、建物周辺の撮影のみをしていたという、

なんとも暇人っぽいヤツで、ごめんなさい。


 
で、オマケの画像。

ミュージアム前の広場に立つネプチューン(ポセイドン)像。

すばらしい肉体美を見せておりますが、

ちょっと目のやり場に困るようなお姿でございますわね〜。


 

 え?

   前からの写真はにゃいのかって?

   ふふふふふふ………。
  
 
 
 
  
          
    広島ブログ    お後がよろしいようで〜。

                           ぽちっとにゃ!
 
 
     
| comments(14) | trackbacks(0) | 23:45 | category: おでかけ |
# 世界遺産 石見銀山を歩く。(その4)
JUGEMテーマ:ぶらり旅



先週の土曜日に訪れた石見銀山。

一週間後の本日も、ダラダラと旅行記をお送りいたします。

(しつこく地図を掲示。)

 


龍源寺間歩の見学を終えた後は、ひたすらもとの道を歩いて戻り、

バス停近くのこちらの場所へ。

(地図でいうと、地点の辺り。)

高野山真言宗 石室山羅漢寺でございます。

(拝観料 大人1人500円也〜。)

写真は、五百羅漢像のある石窟。
 
 
 

銀山で働いて亡くなった人々の霊や、

地元の人々の先祖の霊を供養するために、

完成までに25年もかけて作られたものだそうです。(1766年に完成。)

一体一体が、それぞれ異なる表情をしている羅漢様。

中には、後ろを向いていたり、隣の像に話しかけてたり、居眠りしていたり。

かなり人間っぽいお姿が拝めます。


 

メタボのダンナ様には、1人で渡っていただきましょう。


 

羅漢寺の境内にある弁天池。




「ここでお金を洗うといいですよ。」と受け付けの人に言われ、

財布の中にあったわずかばかりの小銭をじゃぶじゃぶ〜。

御利益ありますように〜。



(後日談)

この旅行の数日後、

買っていたミニロトが3等に当選〜!

大した金額じゃないけど、初めてだったので、

うれしかったです。

毎週1口分ずつ、銀行のATMに番号を選んでもらっているという、

あなた任せの宝くじ。

ごくたま〜に4等の1000円は当たるんですけどね。

月に1000円程度の掛け金なので、

まぁ、今まで投資した分が返ってきたぐらいのことなんですけど。
 
 
 
弁天様の池で、諭吉様を洗っておけばよかったかしらね?
 
 
 
 
 
 
さて、これで一応、銀山をめぐる旅は終了なのですが…。
 
 
 
5日の記事で紹介したこちらのネコさん。

実は、地元では結構有名なネコさんだったみたいで。

お名前は、キムチ君です。


 
石見銀山には、いろいろと興味を引くお店がいくつかあるのですが、

できれば寄ってみたいな〜と思いながら、

予習が全然できていなかったために行き損なった場所が、ここ。

群言堂です。

そう、まさにキムチ君がいたお店がそこだったのです。

ネコに夢中になってて、全く気づかなかった私…。不覚!


  
我が地元のデパートにも群言堂のお店があり、

時々覗いては、器や雑貨をうっとりと見て帰るのですが、

そうか、このお店がそうだったのね…。
 
中には、すごくステキなカフェもあったというのに〜。

今回の旅の唯一の心残りです。


 

石見銀山に行った翌々日に買い求めたこちらの本。

これを読むと、石見銀山の魅力がまた一つ深まるような。
 
  
 
石見銀山・大森地区に根を張って、

そこから地に足の着いた生活スタイルを発信している「群言堂」。

その中心人物としてご活躍中の松場登美さんは、

何か運命に導かれるように、ご主人の故郷・石見銀山にやってきて、

過疎の町と化した場所から見事に自分の居場所をつくり、

田舎暮らしだからこそできることを全国に発信し続けています。 

 
  
ついつい無い物ねだりをしてしまいがちな私。

著書からは、「今自分が生きているその場所や仕事、

人とのつながりを大事にしなきゃダメよ。」

と言われたような気がして…。

心にずしんと響くものがありました。
 
  
   

キムチ君は、いつもはこのお店のショーウィンドウの中から、

道行く人を見ているんだそうです。

間近に彼の姿を拝めた私は、

ラッキーだった…ということにしておきましょうかね。

(負け惜しみ〜。)
 
 
  
 
 
 
石見銀山関連の記事も、一応これでおしまいです。

長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました。 


  
  
 
 
                                       
 


 
 
 
本日のまろ君。

夕方から、ずっと姿が見えないのでどこかな〜と思ったら、

2階の専用ベッドでゆっくりとしていました。


  
雨だと、ネコさんもテンションがさがるのでしょうかね…?

 眠いのに、起こされた〜。


  
夕ごはんを食べに来ないなんて、すごく珍しいのですが…。

お腹でも痛いのではないかと、つい心配になってしまいます。




表情を見る限りでは、大丈夫そうなんですが、

この後、真夜中にしつこくごはんの催促をされそうなイヤな予感…。
 
 
  
 
 
 
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


 
| comments(16) | trackbacks(0) | 23:55 | category: おでかけ |
# 世界遺産 石見銀山を歩く。(その3)
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 

  
どうもトラブル続きの当ブログ。 

問題は、JUGEMさん側にあるようで、

緊急メンテナンスが行われます。
 
 
【実施日時】
 
2010年10月9日(土)AM3:00〜AM5:00


この時間帯は、ブログの表示ができませんので、

ご了承くださいませ〜。 m(_ _)m
 
 
 
  
 
 
さて、今日も石見銀山をめぐる旅のお話です。


 
目的地の龍源寺間歩まで、あと少し…

というところで見かけたネコさん。

首のあたりをケガしていて、カラーだとちょっと痛々しいので、

モノクロにいたしました。



1匹だけなのかな…と思ってたのですが、

帰り道にもう一度同じところを通ると、


わんさかいました。 
 
 
  
右から2匹目が、最初の写真のネコさんです。

昼寝をしているだけならいいのですが、

傷は大丈夫なのかな…とちょっと心配です。


 

そのネコだまりの中から、まだ若ネコと思われるクロさんが1匹。




道行く観光客のそばにやってきて、スリスリ、なでなで〜。




 おにゃかすいた〜。




 ねぇ、にゃんか持ってにゃい〜?
  
   
  
あいにく誰もごはんの持ち合わせはないようでして…。




 バカねぇ。その辺の人に愛想良くしても、何も出ないわよ〜。



この子は、ネコだまりから、ちょっと離れたところに1匹だけでいました。

(10月3日の記事にも登場。)




ごめんね、クロさん…。


      ・

      ・

      ・


さてさて。

やっとこさたどり着いた、龍源寺間歩です。

人が立っているあたりに、入り口があります。

入場料大人1人400円也〜。




さぁ、いよいよ中へ。




光量不足で、完全にブレブレ写真。(下手くそですみません。)



背の高い人は、頭をぶつけるかもしれませんが、

身長155cmの私なら、余裕ですね〜。

この坑道は、江戸時代に掘られたものだとか。

ノミの跡が当時のままの状態で全体に残っているんだそうです。



中は、すごくヒンヤリしていて、快適でした。

温度計を見たら、15℃くらい。

まるで鍾乳洞ですね。

実際、天井からは水分が滲み出して

鍾乳石の赤ちゃんのようなものができかけており、

落ちた滴も地面に結晶を作っていました。

何万年後かには、ここら一帯は立派な鍾乳洞になってるかも???

(地質学的な知識は、全然ありませんので、

かなりいい加減なことを言っております。 )
 
 
 

坑道の左右には、鉱脈にそって掘り進んだ横穴が数多くあり、

ライトで明るく照らされています。



「ねぇ、あそこ、銀色に光ってるんじゃけど…。」

とダンナ様。

光の関係で、壁面が銀色に見えるだけなんですが…?

掘り尽くされている坑道に、銀があるわけないじゃん。

欲に目がくらむ人間には、あらぬ妄想をかき立てる場所のようです。
 
 
 

ほとんどまっすぐに掘り進められた坑道は、途中でふさがれており、

ここで行き止まり。


  
左折して、昭和63年に完成した新坑道へ。

広くて明るい上り坂。出口までこの道が続きます。
 

 

龍源寺間歩以外にも、数多くの坑道の跡があちこちに残っていますが、

立ち入り禁止となっております。

公開されているのは、龍源寺間歩と、もう一カ所だけ。

(大久保間歩=石見銀山最大の坑道跡。限定公開です。)

この辺は、熊やイノシシも出るそうなので、

1人でフラフラ山の中に入ってはダメですぞ〜。



石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて栄えた

日本最大の銀山。

当時、世界の銀の3割を産出し、

最盛期には20万人もの人が住んでいたとか。



山あいに静かに佇む町並みからは、

往時の繁栄を偲ぶのはちょっと難しいけれど、

きっといろんなドラマがあった場所なんでしょうね…。


 
次回、もうちょっとだけ(?)続く…。 
  
  
  
  
 
                                          





 
今日の
一昨日のまろ君。

ミステリーサークルの続きです。

 

まろ君、すごい猫背ですねぇ。

タオル地がイヤなのかな…と思って、

フリース素材の膝掛けでサークルを作ってみました。




まろ君が入るには、やっぱりちょっと小さかったか。 

どうも、彼の心をとらえるには、今ひとつ魅力が足りなかったようですねぇ。


 
それよりも、ぷちボンボンで遊べとの催促が…。

立っちはするけど、ジャンプはしません。

体が相当重くなってるような…。




後は、ひたすら寝技に持ち込み…


 

こ〜んな顔やら、
 
 
 

あ〜んな顔やら。


これじゃあ、ちっとも痩せないですね…。





  
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


                   
| comments(7) | trackbacks(0) | 23:53 | category: おでかけ |
# 世界遺産 石見銀山を歩く。(その2)
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 


サーバー障害解決後も、なんだか調子悪いですね、このブログ。

ついたり消えたりの接触不良の電球みたいで、

見に来られた方にも御迷惑をおかけしているのではないでしょうか…?

う〜ん、早くスッキリしたい…。
  
  
   
   
  
  
さて、本日も石見銀山ぶらり旅の続きをお届けいたします。

(相変わらず、ダラダラと長いです。)



まろ君の写真は、最後にありますので、旅行記に興味の無い方は、

どうぞ素っ飛ばしてまろ君に会いに行ってやってくださいませ〜。



まずは、地図を使ってのおさらいから…。

あ、この地図、私が作りました〜。えへへ、偉いでしょ?!

(ん? 単なるヒマ人か…。)


 



前回は、地点から地点までの、

町並み地区散策の様子を見ていただきました。

最終目的地は、地点の龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)です。

まだまだ遠いなぁ…。



もう少し、町歩きにお付き合いを…。

いきなり、こんな顔で失礼〜。

(うちのおネコ様にどことなく似ているような似ていないような…。)



石見銀山の町並みをひときわ美しく見せているのが、

この独特の赤い色をした屋根瓦。

「石州瓦」と言って、焼成温度が高いので、

強くて丈夫なのが特徴なのだとか。

石見銀山に限らず、寒さが厳しくて雪の降り積もる山陰地方で

よく見かける屋根瓦です。




家の壁面や、


 

お店の前の庭。

いろいろなものが、自然の中に融け合って、よい風情を醸し出していますね〜。




民家の軒先には、季節の草花が生けられており、




雰囲気のある町並みに彩りを添えておりました。


 
でもね、何軒かのおうちでは、せっかく花入れがあっても空っぽだったり、

けばけばしい(あるいは色あせた)造花が挿してあったり…。

せっかくの舞台装置がもったいないなぁ。



  
さて、地点を過ぎてしばらくすると、

そろそろ民家もまばらになってきました。

ここから先は、龍源寺間歩まで、

ゆるゆるとした上り坂をひたすら進む…。


 
と言いたいところですが、

道の両側に様々な花々が咲き乱れていて、

ついついカメラを向けずにはいられない。

おかげで、これまたちっとも前に進みません…。

風に揺れる道端のコスモス。

(コスモスって、写真に撮るの意外と難しいですね…。)
 
  
  

アメジストセージ…ですよね?
 
 
 

色鮮やかな彼岸花。


 

ムラサキシキブ。
 
つやつやしたこの小さな玉で、アクセサリーができればいいのにね…。


 

日の光に透けるススキの穂。


 

野ブドウがきれいに色づくのは、もうちょっと先かな…。


 
まだまだいっぱいあるけど、以下省略〜。

あ〜、もうすっかり秋だ〜。自然はやっぱりいいわねぇ。


 
しかし、10月とは思えない暑さに、首に巻いていたショールが

もう邪魔で邪魔で。

かわりにタオルでも巻いて歩きたいぐらい。



気ままに立ち止まっては写真を撮りまくる私のペースに

合わせてくれているダンナ様も、

足が痛くなってきた〜とブツブツ。



そんな私達の目の前を…

軽やかに通り過ぎる乗り物1台…。




あぁ、行ってしまった…。

いいな〜、楽ちんそう。




この乗り物は、ベロタクシーでございます。

電動アシスト付き。乗客定員は2名かな?

長い距離を歩くのはちょっと…。でも、自転車も苦手…という方には、

これはありがたい乗り物ですね。

(レンタサイクルよりは、ちょいといいお値段がいたしますが。)



この町にレンタサイクルがあることは知ってたのですが、

ブラブラ町歩きを楽しんだり、写真を撮ったりということを優先したかったので、

最初から歩き専門で行くことに。

でも、自転車を利用すると、かなり時間短縮にはなりますね。

特に、間歩(地点)からの帰り道はずっと下りだし、歩くより絶対楽ちん〜。



まぁ、今さらどうしようもないので、ひたすら歩くのみ。

銀山まで、あと一息…!

以下、次号〜。(まだ続くのか…。)
 
 
 
 
 
 
                                      
     
  
  
  
 
 
今日のまろ君。

 

いくぱんさんのところでお見かけした、

ミステリーサークル(?)に入るネコの記事

よし、うちも試してみよ〜っと。


 
バスタオルをくるくる巻いてぐるっと円にして、さぁどうぞ〜。

すぐに、「何事にゃ…?」と近づいてきたまろ君ですが…。




 ボクに、どうしろと?




 やっぱ、カーペット独り占めは気持ちええにゃ〜。
 
 
  
あの〜、まろ君…。

ちょっと中に入ってみるだけでいいんだからさ…。

                                         知ら〜ん。 
   
   
    
付き合いの悪いおネコ様です。

バスタオルじゃ、やっぱ小さすぎたか…?
 
  
  
  
   
  
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


    
| comments(5) | trackbacks(0) | 22:20 | category: おでかけ |
# 世界遺産 石見銀山を歩く。(その1)
JUGEMテーマ:ぶらり旅
 
 

昨日は、ほぼ出来上がっていた記事を

そろそろアップしようかな〜という段になって、

いきなりブログが開かなくなり、慌てました。



何度アクセスしても、自分のところだけが表示されない…。

あちゃ〜、とうとう壊れたか…と一瞬焦りましたが、

どうやら、サーバー障害だったみたいです。

いつも投稿する時間帯に、いきなりこれはないよ〜〜〜。 

(23時頃から翌0時半頃までアクセス不能。)

日頃の行いのせい…ですかね?



まぁ、記事の方は、こまめに下書きを更新していたので、難は逃れましたが、

もしかして、コメント入れかけて消えちゃった…なんて方、

いらっしゃいませんでしたか?

もしそうなら、ごめんなさいね〜。

(私としても、打つ手なし…ですけどね。)



さて、今日の記事は、長いですよ〜。

まろ君の写真だけ見ていきたいという方は、

記事の一番最後に飛んでくださいね。


  
で…。

前回の写真、全然ヒントにも何にもなってなかったですね。 



☆花あじさいさん。

竹原の町にも、そのうち行ってみたいな〜と思ってます。

もしかしたら、似たような雰囲気かも?

島の方と言えば、御手洗(みたらい)が、こんな感じですね。

(過去記事は、こちら。)

ネコさんがたくさんいる島と言えば、また別のところでしょうか…?



☆しまねこさん

おおっ、飛騨高山! 憧れの場所ですね〜。

残念ながら、まだ行ったことはありません。

ちょっと遠いよな〜。



先週の土曜日に、ダンナ様の運転する車でぶらっと出かけた先は、

こちら!


 
…と、一見してそれとわかる象徴的なものを挙げてみよ

と言われても難しいので、

最初に撮ったこの1枚から…。

皆様、世界遺産ですよ、世界遺産!!



あ、もうタイトルにもしちゃってるから、バレバレですね。

そう、島根県大田市にある石見(いわみ)銀山です。



「石見銀山遺跡とその文化的景観」として

2007年に世界遺産に登録され、一躍有名になった場所です。

(日本の世界遺産登録としては14件目となります。)



簡単に図で紹介すると、こんな感じのところ。




                     A〜B 約0.8km(徒歩約20分)
                       
                     B〜C 約2.3km(徒歩約45分)

                        は、ネコさんの写真を撮ったところ。

                        は、バス利用区間。

                        は、徒歩区間。(レンタサイクル有り。)

                       

この一帯は、大きく分けて、

昔ながらの町並みが保存されている「町並み地区」と、

銀山の坑道(間歩=まぶ)が点在する「銀山地区」
とで構成されており、

観光目的の車両は、乗り入れができません。


   

観光客は、手前の「世界遺産センター」の広い駐車場に車をとめ、

そこからは、路線バスで目的地へと向かいます。



ちょっとめんどくさいな…と思ったけど、

土日は大体15分間隔で運行されており、

5分ほどで着くので、そんなに不便は感じなかったです。



昔ながらの景観と自然を守るために実施されている、

この「石見銀山方式パーク&ライド」。

おかげで、車の通らない道をのんびり散策しながら

町歩きをゆっくりと楽しむことができました。

(レンタサイクルの自転車には要注意ですけどね。)



 
地点の石見銀山資料館(大森代官所跡)。

この建物は、明治35年に建てられたもの。

外観を撮影しただけで、中は見ていません。



ここに限らず、有料の公開施設は、

(金欠病のため)ほとんど入りませんでした。

朝、車に乗るまで、どこに行くか行き先も定かに決めてなかった私達。

完全に事前学習が不足しておりまして…。

お得な共通入場券があるのを知ったのは、帰った後でした。



ま、あれこれ入ってじっくり見ていたら、

とてもじゃないけど、一日では回りきれないかも…。
 
 
 

あ、おいしいものの写真は、残念ながら、今回は何もなしですよ〜。

節約のため、しょぼいお弁当を作って出かけたという次第。

いくぱんさん、期待(?)させて、ごめんなさいね〜。


 

重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「町並み地区」。

昔ながらの景観がとても大切にされていて、

電柱など「今」を感じさせるものは、

できるだけ見えないように工夫されてます。




自動販売機も、こんな感じ。


 

赤いポストのある風景、何だか心が和みますよね。
 
 
 

武家屋敷や商家が混在する町並み。
  
   
 

銀山地区へと続くなだらかな坂道。
 
 
 

足を止めて、ゆっくり覗いてみたいお店も、あちこちに。

(ああ、悲しき金欠病…。)
  
  
  

こんな風情のある場所で飲む珈琲も、さぞやおいしかろ…。



それにしても、この日は、暑かった〜。

民家の庭先では、涼しいところを求めてワンちゃんが伸びていました。

あとでネットで調べたら、大田市の最高気温28、5℃でした。

むちTで来ればよかった…と、ちょっと後悔。


  
そう言えば、ネコちゃんは見かけないわねぇ…

と思っていたら、

いました、いました〜!

地点の近くのお店の入り口に、なんと長毛猫さん!

こ、この子は、チンチラゴールデン???


 

観光客になでられても、実におとなしい…。
 
 
 

特に愛想がよいというわけではないのですが、

 
 

まったりマイペースで、いろんなしぐさを見せてくれました。
 
 
 

でも、あんまり構われすぎるのも疲れるのでしょうね。

道路を渡って反対側のお店の前に行っちゃいました。


 

そこなら、ゆっくりお昼寝できるかな?

 
 

バイバイ。またね。


 
ここまで、ゆ〜るゆる歩いて、約50分。

道沿いのいろんなお店を覗いたり(見るだけ〜)、

写真をあちこち撮ったりで、

なかなか前に進みません。
 
 
 
銀山は、どこだ〜〜〜?

(以下、次号。)
  
    
     
    
 
 
                                      

 
 
 
 
 
昨日のまろ君。
 

 
仕事部屋の片隅から、きゅるるん…とかわいい声がする。

あらあら、何でそんなところに…。



片付けなくてはいけない新聞や書類が

ごちゃごちゃと無造作に置かれている一角。

そのわずかな隙間に入りこんで、ひとりでクネクネしながら遊んでいました。




そこからだと、PCに向かっている私の姿もよく見えるんだよね〜。


 
フローリングの冷たさが心地よく感じられる季節も、そろそろ終わりのようです。
 
  
  
  
  
    
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


 
| comments(8) | trackbacks(0) | 14:33 | category: おでかけ |
# キラキラの思い出に浸りながら…。
JUGEMテーマ:同窓会
 
 
 
昨日は、某市で開かれた短大の同窓会に行ってまいりました。

学生時代を共に過ごした、寮の同級生の集まりです。


 
案内をいただいたときには、「え? 寮の…?」とビックリしましたが、

寝食を共にした仲間との付き合いは、やはり強く深いものがあるんですね〜。

私なんか、2年の途中で退寮して自宅通学に切り替えた人間なのに、

声をかけていただいて、本当にうれしかった…。

幹事さん、ありがとう!



今回の集まりは、実に、卒業以来30年ぶりなんですよ〜。

うひゃ〜!びっくりですよね。

もう、歳もバレバレ〜。

今さら隠すようなものでもないですが、

集まったメンバーは49歳もしくは大台に乗っちゃった年齢です。

(私は、来月が誕生日。辛うじて40歳代〜! )

でも、会った瞬間、一目で、「あ、○○ちゃんだ〜!」って分かる人がほとんど。

みんな、二十歳の頃の面影の上に、きれいに歳を重ねてきており、

中身にいたっては、あの頃とそんなに変わってないじゃん?

って思えるほど。

30年なんて年月をあっと言う間に飛び越えて、

あちこちで懐かしい思い出話が咲きました。



あ、中には、昔の眼鏡とオーバーオールからは

想像できないほどステキになっていて、

思い出すのにしばらく時間のかかった人も…。

(半纏にちゃんちゃんこにジャージ、オーバーオールが、

寮内の定番ファッション。

学校には半纏を着ていかないように…という注意も先生からあった…よね?)




卒業以来、初めて訪れた学校。

小さな小さなキャンパスで、立派な設備もほとんどなかったのに、

今では外観も随分おしゃれに。



時間の関係で、学校の中は見られませんでしたが、

歩いて数分のところにある寮まで歩いて行ってみることに。

日傘のおばさま軍団が行くわよ〜。



管理人さんの許可をいただいて、懐かしの寮の中も見て帰ることができました。

「きゃ〜、ここ、全然変わってない〜。」

「見て見て、部屋の中が広くなってる〜!」

「あれ〜、食堂って、こんなに狭かったっけ…??」



いきなり現れた10数名のおばさまの集団に、

居合わせた学生さんもビックリ!?

にぎやかで、ごめんなさいね〜。



私達のときには、1部屋3畳一間だったのに、

今は、隣の部屋との続きになって、倍の広さに。

まぁ、今時の子どもに、あの頃の生活は、きっと無理よね…。



懐かしい思いに満たされながら学校と寮を後にして、

最後に立ち寄った駅近くの商店街。

この辺りもよくウロウロしたっけな〜と歩いていくと、

有名な喫茶店の前に、看板ネコ〜?

 ちょっと〜、せっかくいい気持ちでお昼寝してるのに、邪魔する気?


            すみませんね〜。

            もうね、ネコ様をお見かけすると、

            つい激写してしまうクセが身についてしまいまして…。




 あ〜、まったくこの暑いのに、しょうがないわねぇ。



怒ってどこかに行っちゃうのかと思いきや…。

 
 

 ちょっと待つのよ。ぺろぺ〜ろ〜。




 さ、相手をしてほしい人は誰?




  私をお撫でなさいな〜。




                    あ〜、スカートの中には、入らなくていいですから…。


 遠慮しなくていいの〜。スリスリスリスリ〜〜〜。



サービス精神満点、いや200点の、愛想よすぎるネコさんでした。

 しっぽは短いけれど、胴はすらりと長いのよ〜。
 
 
 
途中でちょん切れているような短いしっぽ。

事故にでも遭ったのかしらね…。

 
 

バイバイ、元気でね。ありがとう!



この後、帰りにもう一度ここを通ると、他の通行人に撫でられておりました。

なんて人慣れしたネコちゃんでしょ。






さて、再び同窓会。(長くなってごめんなさいね〜。)

それぞれの近況を語り合う中で、

「会えるときに会いたい人に会っておかなくっちゃ…。」

という思いで参加した人もいて、

うんうん、そうだよね…と頷くことしきり。



私達の年代は、下の子がまだ小中学生って人もいるけれど、

段々と子育ても終了する頃。

でも、ほっとする間もなく、次には親の介護が待ちかまえており、

気がつけば、自分の体にもそろそろ変調が…

なんてことも珍しくないんじゃないかな。

(そんな中で仕事を持って頑張ってる人は、本当にすごいです。)

そして、同僚や友人など身近な人の突然の死なども

実際に体験することもあるわけで、

自分もいつまでも元気でいられる保証はどこにもないということを、

実感として感じる年代かもしれません…。



次は、10年後に会えるといいわね〜。

いやいや、5年後でしょ?

20年後まではいいとして、

30年後なんて、考えられないわよね…。(←80歳!!

と、名残を惜しみつつ、

そして、あれこれ未来に思いを馳せながら、

西へ東へと別れていく私達でありました。


 
次もまた、みんな変わらぬ笑顔で会えますように〜。

今回都合で来れなかった人も、それまで元気でね!


 

人生は短い…。にゃん生は、もっと短い。


 
まろ君、これからもいっぱいいっぱい仲良くしようね〜。

 む! むむむ〜!!




 ボクに気安く触るんじゃにゃいでし!

   パンチとキックをお見舞いするにゃ〜!!

 
  
仲良くしてくれるのは、ごはんのおねだりのときだけのようです。

猛暑続きのこの頃は、ちょっと触っただけでこの有り様。

愛想のよいネコさんに出会った後に、これじゃあね…。 

まぁ、元気でなによりですが。





             
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。

  
    
| comments(11) | trackbacks(0) | 23:01 | category: おでかけ |
# 夏のおでかけ その
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 
 
  
夏のお出かけシリーズ第3弾! 

時間を遡ってお伝えしておりまして、

今回は8月16日(先週の月曜日)の写真です。

真夏の太陽ギラギラの瀬戸内海。

我が家から車で1時間ほども行けば、

こんな光景は珍しくもなんともなく…。




人がほとんどいない小さな海岸で、

家族でゆっくり海水浴…なんてのもいいですねぇ。

でも、海で泳ぐのも、結構体力使いますよね。

(ほとんど泳げないけど〜。)

最後に海に入ったのは、いったい何年前だろ?

今は、遠目に見てるだけで十分です。




このあたりの風景、6月にも一度記事にしました。(過去記事は、こちら。)



今回は、娘もいっしょ。
 

むちT着た人魚姫、海を眺めて何想う…?            暑い。暑い。暑い〜。




暑い〜。暑すぎる〜。

             ちゃんと日焼け止め塗ってきたかい?



昔は、お盆を過ぎたら泳ぐもんじゃないとか言ってましたけど、

最近はどうなんでしょ?

波が高くなるとか、クラゲが出るとか、

あれこれ危険因子が増えるみたいですが、

この暑さではねぇ。

まぁ、プールにしておく方が身のためかも…。
 
  
   
   
    
    
夏のおでかけシリーズ、とりあえずこれにて終了。

え? 娘とばかりで、息子はどこにも連れていってないのかって?

行きましたよ。ちゃんと。

むちT着せて。

墓参りに〜。(8月14日撮影。)


 
腰パンに見えるデザインの、変なジーンズ。

ただでさえ、そんなに長いとは言えない足が、ますます短く見えるのに、

なんでそんなの穿いてるんだ…???
 
 
 
 
 
 
                                    





 
昨夜のまろ君。

珍しく冷房中の部屋に入り込んで、何やらごそごそしていたと思ったら…

おっと…


 

まさかその中に入るとはね…。



親戚の家に預けてあったダンボール箱。

何やら書類がいっぱい入ってて、ダンナ様が整理中だったのですが、

ちょうどよい空間があるとばかりに、占領されてしまいました。




 んにゃ? ここで寝ちゃ、ダメ?

 
ん〜、別にいいんだけど、

何だか捨て猫みたいで、哀れを催す光景ですねぇ。

胸がきゅ〜んとしてくるじゃないですか。


 

「面白い! カワイイ!」と、娘も大喜びで激写。            彼氏に送る〜。




ボロい箱に入ってるだけで、なぜか可愛さ2割増し!




こんなの道端に落ちてたら、迷わず拾ってかえりますよね? ね?

(持ち帰って、正体がガブネコだと分かったら、

ん〜、まぁ、その時はその時か…。)




 ごちゃごちゃうるしゃいにゃ〜。

   もう、よそで寝るから、いいでし。



 

  
ランキングに参加しています。  
   
     
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ   ぽちっとよろしくにゃ!

 

     いつもありがとうございます。

     お時間がありましたら、

        こちらと           こちらにも

     
   広島ブログ

      ぽちぽちっとお願いにゃ〜。


 
| comments(12) | trackbacks(0) | 22:58 | category: おでかけ |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
クリックしてね!
広島ブログ おきてがみ にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ
ブログ村はランキング不参加
Links
猫の服・猫グッズ・猫雑貨〜Cat'sPad〜
誕生日
Search this site
Sponsored Links